傷害保険

日常生活におけるさまざまなリスクに備えるリスクサポート保険の中で
「仕事中や運動・レジャー中のさまざまな事故によるケガ」を国内外問わず補償します。

閲覧パスワードについて

  • ケガの補償
団体総合生活保険|ケガの補償

傷害保険はこんな方にオススメ

傷害保険の特徴

事故によるケガだけでなく、家財の事故・持ち物の事故・賠償責任事故など、日常生活のさまざまなリスクに対しての備えができます。

傷害保険3つの特徴

傷害保険の特徴

日常生活で十分注意していても突発的に発生するケガ。入院や通院費用への備えはもちろんのこと、選択可能なオプションの加入も検討しましょう。

加入のポイント1|日常生活全般のケガの補償は、家族構成に応じて保険対象のタイプを選べます

ご本人の加入有無にかかわらず、「家族」のみ加入いただくことも可能です。

加入のポイント2|個人賠償責任で他人への損害賠償に備えましょう

日常生活で他人にケガをさせたり他人の物を壊してしまったなど、法律上の賠償責任を負う場合に補償されます。相手との示談交渉は、日本国内での事故に限り原則として東京海上日動が行いますので安心です。

加入のポイント3|受託品賠償責任や生活用動産の補償をオプションで加入できます

他人から借りた物や預かったものを損壊してしまった損害賠償に備える「受託品賠償責任」や自宅内の家財の偶然の事故による損害に備える「生活品動産」もオプションで用意しています。

傷害補償で対象とする「急激かつ偶然な外来の事故」とは?

急激、偶然、外来の定義は以下の通りです。これらは総称して「三要件」と呼ばれており、「急激」「偶然」「外来」の3つの要素をすべて満たしている場合のみ補償の対象になります。

身体内部の被傷は対象となるの?

必ずしも身体外部に傷害の痕跡があることが要件とはなりません。上記の三要件を満たす事故によって発生した身体の傷害であれば、骨折、内部諸器官の出血、煙による窒息等も傷害となり、傷害補償の補償範囲となります。

保険をご検討中の方へ