がん保険

万が一、がんと診断された際にかかる入通院費用や、手術費用を保障するための保険です。

アフラック「新 生きるためのがん保険Days」

がん保険はこんな方にオススメ

がん保険の特徴

がん保険は、入院・通院、所定の手術を受けた場合、安心してがんと闘うために必要な経済的備えとなる保障です。また、がんと診断された際に給付される「がん診断給付金」や抗がん剤治療を受けた際の給付金など、医療保険では補えないがんに特化した手厚い保障が受けられます。

がん保険3つの特徴

がん保険の特徴

がん保険を選ぶために、まずは自分にとって「必要な保障内容」を明確にしましょう。その上で、気になる保険商品がどのような特長を持ち、自分にとって適切な保険料で、必要な保障内容を満たしているかをしっかり見極めましょう。

加入のポイント1|終身の保障をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになるといわれています(※1)。一生涯にわたって一定の保険料で安心して保障を確保したい場合には終身タイプの保障をおすすめします。

がんにかかるリスク 年齢階級別 累積罹患リスク 2013年 全部位※1

加入のポイント2|通院の保障があるかないか

近年、がん治療において通院(外来)は増加傾向にあり、入院の割合を上回っています。入院はもちろん、通院保障の充実が大切です。

加入のポイント3|三大治療や先進医療の保障があるかないか

がんの主な治療法として手術、放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療の「三大治療」があり、がん経験者の95.6%(※2)が三大治療のいずれかを経験しています。三大治療にも健康保険制度が適用されないがんの先進医療にも、しっかり備えることをおすすめします。

保険選びに役立つ「お役立ち情報館」

通院治療は増加傾向にあります

近年、がん治療において通院(外来)は増加傾向にあり、入院の割合を上回っています。

がん治療は三大治療や先進医療など多様化しています

がんの主な治療法として、手術、放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療の「三大治療」があります。

保険をご検討中の方へ